2013
11.21

人と人がつながっていく新しい働き方「コワーキング」

クラウドソーシングとは, ニュース/トピックス

(ジャパン・フォー・サステナビリティ ニュースレターより)

スクリーンショット 2013-11-21 10.38.02

今やパソコンが1台あれば、あらゆる場所で仕事ができる時代になりました。オフィスという形態にとらわれることなく、自宅で仕事をし、ある時はカフェで仕事をするなどそのスタイルはさまざま。しかし個の働きは自由であるものの、その時間が長く続けば、人とのつながりが欲しくなります。そんな時代に生まれたのが、異なる仕事を持つ人たちが仕事場を共有し、コミュニケーションを図る「コワーキング(Coworking)」という働き方です。

このワークスタイルは2006年にアメリカで始まったとされ、2010年に日本で初めてのコワーキングスペースが誕生しました。2013年時点では日本全国に200カ所、世界には2200カ所にまで広がっています。東京で初のコワーキングスペースを開いた佐谷恭さんに、この新しいスタイルの働き方と可能性についてお話を伺いました。

詳細はこちら⇒人と人がつながっていく新しい働き方「コワーキング」