2013
10.18

公民連携のヨコハマ・アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」2013.10.22~応募受付開始へ!

クラウドソーシングとは, ニュース/トピックス

YOKOHAMAUps!『ヨコハマ発のモバイルアプリを作っちゃおう!』と題した横浜モバイルアプリコンテストが2013.10月22日~開催される。主催/共催は、横浜市、デジタルハリウッド大学院、パソナテック(Job-hub)、tvkコミュニケーションズの4社が中心となり、市民・企業のみなさんのアイデアとスキルを持ち寄って、アプリ(Apps)として具体化させるムーブメントをつくることにより、市民生活の向上と横浜市の魅力Up!につなげることが狙いだという。

・最優秀賞金は50万円
・応募資格は、プロ/アマ、個人/法人の別を問いません。グループでの参加も可能。
<アプリのイメージ>
「横浜の魅力を発信したり、集客につながるアプリ」
「横浜に住んでいる方の身の周りの利便性をちょっと向上させるアプリ」
「水・緑・自然などの横浜の環境を親しむアプリ」
「その他、横浜での生活に彩りを与えるアプリ」 など自由な発想で募集中とのこと。

今後、YOKOHAMAUps!では、様々なイベント・セミナーを企画しており、第1弾としてリバースプロジェクトの代表で俳優でもある伊勢谷友介氏を迎え、”ガバメント2.0″をテーマに世界の潮流である地域行政への市民参加の流れを、また、谷崎テトラ氏による海外事例の講演を予定している。

応募は「Job-Hub」(パソナテック)活用しておりクラウドソーシング運営の新たな官民連携のカタチと言えそうだ。

●YOKOHAMA Ups!WEBサイト
http://jobhub.jp/camp/yokohama-ups/