2013
07.19

日本テレワーク学会『新たな価値創造のための政策提言』を発表

ニュース/トピックス, 課題と解決法

日本テレワーク学会は、テレワークをめぐる現下の社会環境や、政府の政策等に鑑み、第15回日本テレワーク学会研究発表大会において、「テレワークが先導するトランスボーダー社会 -新たな価値創造のための政策提言-」を発表した。

あらゆる分野で境界が消えて、相互に影響しあう現代の社会をトランスボーダー社会と位置づけテレワークの意義や効果を検証。
国籍、性別、世代、働く場所、仕事とプライベートなど様々な境界がなくなり、人々が新たな繋がりをつくりだすテレワークの持つ新たなポテンシャルを背景に、テレワークが日本の活力ある未来を創造するために求められる政策を提言している。

詳細は『日本テレワーク学会』へ