2015
05.18

動画制作特化型クラウドソーシング「Viibar」がヤフーと業務提携。総額7億円の第三者割当増資を実施

ニュース/トピックス, 課題と解決法

動画制作特化型クラウドソーシング「Viibar(ビーバー)」を手がける株式会社Viibarは5月18日、ヤフー株式会社と業務提携契約を締結したと発表した。あわせて、Yahoo! JAPANおよび既存投資家2社(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、グリーベンチャーズ株式会社)の計3社に対し総額約7億円の第三者割当増資を実施した。

2015年5月現在、Viibarを活用している動画クリエイターは2,000人を超えており、本締結によって、急成長する動画広告市場において、Yahoo! JAPANとViibar社は広告主の多様なニーズに的確に対応し、動画を活用したマーケティングを支援するとしている。

http://viibar.com/press/p20150518a/