2014
03.19

海外クラウドソーシングサイト紹介 Vol.13『Witmart.com』

クラウドソーシングとは, ニュース/トピックス, 海外サービス, 海外情報

 

第13回、中国のクラウドソーシングサービス猪八戒が英語圏進出を目指して展開する『Witmart.com』。

 

witmartcom.gif

 

Witmartは、中国のクラウドソーシングサービス猪八戒が英語圏への進出を目指して展開しているサービス。

ヒューストン・トロントに拠点を持ち、300万人を超える登録者数を誇る。猪八戒と合わせれば登録者数は700万人を超え、世界最大のクラウドソーシングサイトとなる。


総合型クラウドソーシングとして、フリーランサーを抱え、Web開発、デザイン、翻訳、マーケティングにわたり様々な種類のタスクを扱うが、データ入力などのマイクロタスクは扱っていない点で異なる。

ContestとContract

WitmartではクライアントはContestとContractという二つの手法でワーカーを集めることができる。仕事の詳細を定めてpostする際、Contestでは報酬が定められておりコンペ形式で多くのワーカーが集まり、アイデアを出し、完成品を提出する。その中で最も優れたものが採用され、報酬が支払われる。Contractではフリーランサーがアイデアとともにに申し込み、その中から選び、報酬を交渉して採用する。密に連絡を取り合い、タスクがなされれば報酬が支払われる。

 

スクリーンショット 2014-03-14 12.55.30

 

 

Witmartのblogを見ると、small businessに対して新たなサービスを展開したという記事が多い。 例えば小さな会社のため4種類のロゴパッケージを作り、安価に迅速に複数のワーカーの手でロゴがデザインされるようにした。安価な労働力の多い中国で誕生したWitmartはこのように小さな企業が発展する手助けを志しているのかもしれない。

 

(Written by Crowdsourcing Japan T.Yamane)