2013
08.09

在宅勤務 2年で450万人増 -読売新聞 yomi Dr.-

クラウドソーシングとは, ニュース/トピックス, 調査/統計

読売新聞の医療サイト「yomi Dr.」で、自宅で働く佐賀県職員の女性の例を掲載。
佐賀県は、県職員の在宅勤務を2008年から始め、現在は55人が利用している。

このように、自宅にいながら仕事をする在宅勤務制度を取り入れる企業や自治体が増えている。育児や介護との両立を可能にして、人材流出を防ぐのが主な目的だ。多くの人が出勤不能となった東日本大震災の教訓から、危機管理対策として導入する企業も多いようだ。

-読売新聞 yomi Dr.-