配送クラウドソーシング、リターンクライシスを解決できるか?~米国・配送クラウドソーシングに期待されるのは、「単なる配送ではなかった」~【後編】

LINEで送る
Pocket

im-55660

配送クラウドソーシング、リターンクライシスを解決できるか?
~米国・配送クラウドソーシングに期待されるのは、「単なる配送ではなかった」~【後編】

1.配送クラウドソーシングの今

米国のラスト・マイル・デリバリーの市場規模は2023年に650億ドル以上に達すると言われている(2018年、Mordor Intelligence調べ)。このラスト・マイル・デリバリー市場(2017)の80%のシェアは米国にあるとされ、顧客の23%が即日配達を希望している。その中でも史上初の「オン・ザ・ウェイ」デリバリーサービス会社として知られるRoadie社は、米国全州で120,000人のドライバーとともに、即日配達の分野で米国世帯全体の89%に配達を続けてきた。最後となる後編では、Roadie社創業のきっかけから新たな課題への対処策まで見てみたい。

im-55660

2.創業のきっかけとモデル

Marc Gorlin氏(以下Gorlin氏)にとって、Roadie社創業のきっかけは偶然訪れた。Gorlin氏はアトランタに住み、フロリダにはマンションを所有している。ある日、マンションのシャワーに建築上の問題があり、タイルを取り換えようとしていた。ところが、Gorlin氏は帰路でタイルの出荷が遅れるという電話を受ける。高速道路を降りると、彼は南北に行き交う車両を見つめ、このうちの1人が20.00ドルでタイルを配達してくれないだろうかと考えた。毎日2億5000万台を超える車両が40億立方フィートを超える貨物を輸送している。Gorlin氏はこれがテクノロジーによる相互扶助コミュニティにつながるのではないかと考えた。

Roadieのモデルはシェアリングエコノミーである。参加者がオンラインで共に助け合い、ドライバーの経歴や評価も見ることができる。ドライバーは地元の住民や長距離運転手など多様である。Roadieはデータパターンを示し、顧客のニーズに基づいてドライバーへ依頼文を送信する。ドライバーはそれに応じて配送のヘルプを行い、シンプルに報酬を得る仕組みだ。

3.配送クラウドソーシングのツール

即日・深夜・休日の配達需要が高まる中、最も期待されているのは信頼の持てる追跡システムである。Roadie社は依頼者とドライバーを結びつける独自のマッチングアプリを開発し、依頼者の送り先と移動先が一緒のドライバーが配達してくれる仕組みとなっている。Roadieが配布するアプリケーションのAPIはRESTにより構成されており、受取人は追跡ツールに指定の番号を打ち込むだけでいつでもオンラインで配達状況を確認できる。2015年の発足以来、累計で1万1000以上の都市にカップケーキからソファーに至る商品を配達してきた。即日配達であれば、これはAmazon Primeを凌ぐ実績である。

4.新たな課題:リターンクライシス

返品により小売店が被る損失額は、2017年だけで3,510億ドルとされている。小売店の売買の30%がリターンとして返品され、再販に苦難する小売店の在庫はディスカウント販売すら難しい状況だ。Roadieでは、返品となった品物がある場合は顧客がコンタクトフォームから連絡するよう依頼し、オンラインで別の顧客に再販できるシステムを提唱している。

「不可能はないと信じ、創造すること。それがマジックだ」- Marc Gorlin -

クラウドソーシングはラスト・マイル・デリバリーの市場で小売店と消費者を紡ぐ大きな役割を果たしてきたが、今後はリターンクライシスと向き合うことになるだろう。クラウドソーシングは、リターンクライシスを解決するマジックとなるだろうか。

調査・引用

Roadie
https://www.roadie.com/

Roadie Gains $37 Million to Expand Crowdsource Delivery Business
https://www.wsj.com/articles/roadie-gains-37-million-to-expand-crowd-source-delivery-business-11551092400

The Last mile Logistics whitepaper, 2018
https://localz.com/wp-content/uploads/2018/02/Localz-Last-Mile-Logistics-White-Paper.pdf

Last Mile Delivery Market in North America – Growth of E-retailing to Boost Growth| Technavio
https://www.businesswire.com/news/home/20180426006828/en/Mile-Delivery-Market-North-America—Growth

Last Mile Delivery Market in the United States – Segmented by Service Type – Growth, Trends, and Forecast (2018 – 2023)
https://www.mordorintelligence.com/industry-reports/last-mile-delivery-market-in-the-united-states

This is Capitalism: CEO Stories 002: Marc Gorlin, Founder and CEO of Roadie

http://thisiscapitalism.libsyn.com/002-marc-gorlin-founder-and-ceo-of-roadie

ABOUT ROADIE
https://www.roadie.com/about

Roadie API Reference
https://docs.roadie.com/#api-overview

Rise of Returns: How retail can combat its $351 billion problem
https://www.roadie.com/blog/2018/12/retail-returns

編集後記

クラウドソーシングによるラスト・マイル・デリバリーサービス業界で確固たる地位を築いてきたRoadie社。同社はリターンクライシスの状況に対しても警鐘を鳴らしており、新たな問題解決が期待される。

 

作成日:2019年3月/執筆:hongou/編集:n.takai


■ Crowd Power Partners株式会社について■

Crowd Power Partnersは翻訳クラウドソーシング、海外デスクリサーチ、メディア運営を軸に 企業の課題解決を支援している会社です。

クラウドパワーパートナーズ株式会社

「個」が活躍する時代クラウドソーシングを経営戦略に組み込む。 大手企業から新進ベンチャー企業まで、多くの企業を支援している実績があります。

Crowdhonyaku.Com

翻訳トライアル合格者2,000人がスタンバイするクラウドソーシング型の翻訳サービスです。 語学力ある人材ネットワークを活用して、手軽に翻訳・ライティング・デスクリサーチを ご利用頂けます。

お気軽にお問い合わせください。

banner62d-03

ロベルト

神奈川県秦野市生まれ。国際協力業界で営業、総務、リスク管理業務、観光業の活動に携わり、北米、中南米、ヨーロッパ、アジアの約30カ国を経験。現在は海外著名人へのインタビュー、海外ニュースの紹介などを幅広く取り上げています。(日本語、英語、スペイン語)