「クラウドソーシング 取引の方式は?」

  • 2013年4月29日 16時00分
  • 読了時間:約 1分28秒
  • カテゴリー:
LINEで送る
Pocket

ところで「クラウドソーシングの仕事の仕方」っていろいろあるよね・・・
・・・ということで
代表的な取引方法を以下にピックアップ!

(1)マイクロタスク型
主に作業内容から分類した言葉で、
仕事の作業を超細かく細分化されており、数分程度だったり、
スマホで解決できたり、、、というタスクをさします。
報酬は数円~
「マイクロソーシング」と呼ばれることもあります。

(2)コンペ型
作業の発注方式から分類した言葉で、
「コンペティション」、つまり、競争入札の意味で使われます。
デザインやロゴ、コピーなど
クリエイティブなタスクに使われることが多いようです。

(3)プロジェクト型
仕事の発注方式から分類した言葉で、
まず、人を決定してから、一緒にプロジェクトを行うという意味で使われます。
主に、プログラミングや改修作業などの
個別かつ、密にコミュニケーションを場合に、活用されるケースです。
設計、翻訳などが多いようです。

(4)タイムカード型
主に仕事の管理面から表現される言葉で、
プロジェクト型やマイクロタスク型の仕事で
アルバイトのタイムカードの原理をWEBシステムで行うシステムでの仕事方式です。
特に、手順が明確であり、受注者個別の能力によって
成果が大きく変わらない仕事に活用されることが多いようです。


■ Crowd Power Partners株式会社について■

Crowd Power Partnersは翻訳クラウドソーシング、海外デスクリサーチ、メディア運営を軸に 企業の課題解決を支援している会社です。

クラウドパワーパートナーズ株式会社

「個」が活躍する時代クラウドソーシングを経営戦略に組み込む。 大手企業から新進ベンチャー企業まで、多くの企業を支援している実績があります。

Crowdhonyaku.Com

翻訳トライアル合格者2,000人がスタンバイするクラウドソーシング型の翻訳サービスです。 語学力ある人材ネットワークを活用して、手軽に翻訳・ライティング・デスクリサーチを ご利用頂けます。

お気軽にお問い合わせください。

banner62d-03
  • 最終更新日:2015年3月26日 0時09分

CSJ Staff