正社員の9割が副業に興味あり!?正社員3000名に聞く「副業」実態調査

  • 2018年5月29日 15時40分
  • 読了時間:約 2分58秒
  • カテゴリー:調査/統計
LINEで送る
Pocket

CSJ_iCatch180529

2018年5月16日、「エン・ジャパン」は同社が運営する総合求人・転職支援サービス「エン転職」のユーザーを対象に「副業」についてアンケートを実施。20〜40代の正社員3,111名から回答が寄せられた調査結果を発表した。

正社員の約9割が副業に興味を持っており、副業経験者が副業に費やしていた時間は「週に5時間未満」が60%、時間配分ができないと副業と本業のどちらかが疎かになるため必要スキルは「時間管理能力」とする回答が64%挙がった。必要スキルに「時間管理」が挙がっており、副業が願望レベルからより現実に即した身近なテーマになりつつあるようだ。(Crowdsourcing JAPAN)

 

 

▼リリース詳細は、こちら(2018年5月16日 エン転職:エン・ジャパン)

2018年5月16日 エン・ジャパン

〜88%が副業に興味があると回答したものの、実際に副業経験がある方は32%〜

 

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する「入社後」までを見据えた日本最大級の総合求人・転職支援サービス『エン転職』上で、ユーザーを対象に「副業」についてアンケートを実施。20代~40代の正社員3,111名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。
※本調査での「副業」とは、週末起業やアルバイト、アンケートモニターなど「本業以外に収入を得る手段・仕事のすべて」を指す。副業は「働き方改革」の一環で、企業側の容認を政府が推進している。少子高齢化に伴う労働力不足の補完と、働き手の収入増やスキルアップによる生産性向上が目的とされている。

 

 ◆調査結果 概要 
★ 88%の方が「副業に興味あり」。そのうち83%が「収入のため」。
★ 副業経験のある方は32%。約6割が接客系のアルバイトを経験。
★ 副業経験者が副業に費やしていた時間は「週に5時間未満」が6割。月の収入額は「1〜5万円未満」で半数を占める。
★ 現在も副業を続けている方は45%。「副業が禁止」「本業が忙しい」というコメント多数。
★ 副業が解禁されている会社は13%、禁止されている会社は55%。
★ 副業をする際の難しさ第1位は「時間管理」、次いで「確定申告などの事務作業」。
★ 副業を実現するために必要なスキルは「時間管理」。

 

 ◆調査概要 
・調査方法 : インターネットによるアンケート
・調査期間 : 2018年3月28日〜4月25日
・調査対象 : 「エン転職」利用者で20〜40代の正社員
・有効回答数: 3,111名

 

プレスリリース原文はこちら


■ Crowd Power Partners株式会社について■

Crowd Power Partnersは翻訳クラウドソーシング、海外デスクリサーチ、メディア運営を軸に 企業の課題解決を支援している会社です。

クラウドパワーパートナーズ株式会社

「個」が活躍する時代クラウドソーシングを経営戦略に組み込む。 大手企業から新進ベンチャー企業まで、多くの企業を支援している実績があります。

Crowdhonyaku.Com

翻訳トライアル合格者2,000人がスタンバイするクラウドソーシング型の翻訳サービスです。 語学力ある人材ネットワークを活用して、手軽に翻訳・ライティング・デスクリサーチを ご利用頂けます。

お気軽にお問い合わせください。

banner62d-03

CSJ.staff c.takano