キャリアアップMOT「2017年度 クラウドソーシング入門・実践コース(国内編)」受講生募集のご案内@東京・田町(2017.4.13)

LINEで送る
Pocket

main_visual

2017年4月13日(木)、東京工業大学田町キャンパスにおいて

キャリアップMOT(CUMOT)クラウドソーシング入門・実践コース受講生募集の説明会を開催します。(説明会無料、本講座有料)

【このような方に受講をお勧めします】
クラウドソーシング(CS)未経験で、
官民・業種・職種・年齢・性別、文系/理系は問いません。

1.コスト削減・人材確保・新規事業立ち上げなどに新しい観点を取り入れたい方
2.官民を問わず異業種、異分野が持つ技術やアイデアを利用したい方
3.個人で、受発注を問わずビジネスでクラウドソーシングを利用したい方

【コース実施概要】
◯受講期間
2017年5月18日~6月29日(全8回)
木曜夜19時~21時(2時間)
※講義のほか、演習をします。演習は土曜(6月10日)に開催します。

◯受講対象者
クラウドソーシング(CS)未経験者を主な受講対象とします。
官民・業種・職種・年齢・性別、文系/理系は問いません。

◯受講場所
東京工業大学 田町キャンパス 707教室 (JR田町駅徒歩1分)
http://www.academy.titech.ac.jp/cumot/access.html

◯募集人数
20名(最小開催人数10名)

◯受講料
86,400円(税込)予定
※受講料のほか、発注演習の費用が実費としてかかります(5,000円程度)。

◯申込期間
2017年3月27日(月)~4月26日(水)(締切日必着)

◯申込方法
願書に必要事項をご記入のうえ、下記の住所までお送りください(締切日必着)。
申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。
PDF版
WORD版

〒108-0023
東京都港区芝浦3-3-6キャンパスイノベーションセンター705
CUMOT事務局 クラウドソーシング入門・実践コース受講申込担当 宛

詳細ぺージはこちら→ http://www.academy.titech.ac.jp/cumot/cs/index.html

日本では、空いた時間を利用して簡単なお小遣い稼ぎの方法として取り上げられることの多いクラウドソーシングですが、海外(特に米国)では、革新的なビジネスモデルの手法として幅広く活用されています。また、ベンチャーから大企業までが人材確保の有効な手段として活用しており、クラウドソーシングの活用は企業の生存に直結する時代になると言われています。さらに、クラウドソーシングの仕組みは、人材から他の資源への適用も急激に広がっており、クラウドファンディング、ウーバー、Airbnb等は日本でも良く知られた適用例です。今回提供する講座では、クラウドソーシングの本質を理解して頂き、適用領域の広さと可能性を学習すること、国内のクラウドソーシングサイトで実際に発注を体験することで、実践力を身に着けて頂くことを目指します。この講座を受講することで、クラウドソーシングを活用したビジネスに踏み出す方が一人でも多く活躍されることを願っています。

(環境・社会理工学院 技術経営専門職学位課程 教授 比嘉 邦彦)

【説明会・実施プログラム】
日時 : 平成29年4月13日(木)19~20時
場所 : 田町キャンパス707教室(東京都港区芝浦3-3-6  JR田町駅 徒歩1分)
申込方法 : Webサイト(https://cumot.mot.titech.ac.jp/form/contact.html)の問い合わせフォームで受付けております。

※当日参加も可能です。
※ご都合がつかない場合には、下記のお問合せフォームより「クラウドソーシング入門・実践コースについて」を選択していただき、「説明会資料希望」とお送りいただければ、説明会開催後にPDFファイルにてお送りさせていただきます。

 

【お問合せ先】
東京工業大学 CUMOT事務局
e-mail: cumot-info@mot.titech.ac.jp
webサイト: http://www.academy.titech.ac.jp/cumot/index.html


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用によるサービス開発、アウトソーシング支援・クラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用した翻訳・海外リサーチなら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。