ビッグデータ分野で注目されるセンサーデータを活用した国内初のアイディアソンを開催!

LINEで送る
Pocket

EverySense

センサービッグデータを活用した国内初のアイディアソン、アイディア募集を開催。
EverySense

【開催日時】2014年10月4日(土)10:00~18:30 in東京
【主催】EverySense社、 インフォコム社
【最優秀賞】今後数回開催予定のアイディアソン、ハッカソンのベストアイディア賞受賞グループの中から1組を 米国サンノゼ(4 泊 6 日)のベンチャー企業の視察旅行にご招待いたします。(2015 年中実施予定)
【応募締切】2014年9月26日(金)

センサーデータとはスマートフォン・家電機器・カーナビ・体温計などの健康器具、といった身の回りにあるさまざまな製品から発信されるセンサー情報。

今回のイベントでは、この世の中にある大量のセンサーデータを活かしたアプリケーションサービスを考える。

誰がどのようなデータを必要としているのか、またそのデータを用いてどのような情報提供やアプリケーション・サービスの提供ができて世の中に役立つものをつくりだせるかを複数人のグループでディスカッションをし、グループ毎にアイディアを発表する。

・新たな「希少価値」を探す
・違うもの同士を組み合わせる
・アイディアを進化させる

詳細はこちら⇒応募詳細ページ

EverySense社「エブリセンス」について
日本の公衆無線LAN(構内情報通信網)サービスを切り開いた真野浩氏(54)が、ジャスダック上場の情報システム会社インフォコムなどと組み、米シリコンバレーに設立。
ビッグデータ分野で注目される「IoT(インターネット・オブ・シングス)」での新ビジネス創出につながる研究開発を手がける。
米国の大学とも連携して事業創出を目指す。
本社はカリフォルニア州サンノゼに置き、資本金は87万ドル(約8800万円)。インフォコムのほか、船舶用電子機器大手の光電製作所(山梨県上野原市)と、
真野氏が社長を務めているコーデンテクノインフォ(東京・港)が3分の1ずつ出資する。
真野氏は2001年、公衆無線LANベンチャーのモバイルインターネットサービスを有線ブロードネットワークス(現USEN)などと設立。
現在は無線LANの伝送方式の国際標準化活動に関わっている。
IoTとは、住宅や自動車にもセンサーを搭載し、あらゆるモノがネットにつながることを指す造語。消費者の生活を変えると期待されている。米IDCの予測では関連機器やソフト、サービスの市場規模は20年に7兆650億ドル(約716兆円)に膨らむ。
エブリセンスでは、時計型のウエアラブル端末や各種センサー類、自動車などが簡単に無線LANに接続できる手法やサービスを提案する見通しだ。
著名な真野氏が取り組むことで、IoTを使ったビッグデータ市場に注目が集まりそうだ。

詳細はこちら⇒応募詳細ページ


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用によるサービス開発、アウトソーシング支援・クラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用した翻訳・海外リサーチなら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

関連記事

[PR]

  • 最終更新日:2016年6月20日 21時24分
CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。