クラウドワークスがリクルートを割当先とした第三者割当増資——理由は資金ニーズより事業シナジー

LINEで送る
Pocket

logo

クラウドワークスがリクルートを割当先とした第三者割当増資
logo

クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営する株式会社クラウドワークスは8月8日、リクルートホールディングスの投資子会社である合同会社を割当先とする第三者割当増資を実施した。金額は非公開だが、数千万円程度と見られる。

今回の増資によりリクルートグループ全体でのクラウドワークスの利用、またクラウドソーシングを活用したリクルートグループの新規事業も検討する予定だという。

出典:techcrunch

※〜同社代表取締役ブログからの記事抜粋〜
今回の出資により、電通・リクルート・サイバーエージェント・デジタルガレージと各業界のNo.1と連携させていただくことになり、クラウドワークスは国内No.1はもとより各社のネットワークを活かして世界戦略へ布石を打っていくことになると思います。

私たちが手掛けているのは、個人にフォーカスをあてた21世紀の社会インフラであると考えています。企業の信用インフラが20世紀かけて構築されていったようにこれから100年かけて個人が働くための社会インフラが成長していく。

同社代表取締役ブログはこちら⇒詳細


■ Crowd Power Partners株式会社について■

Crowd Power Partnersは翻訳クラウドソーシング、海外デスクリサーチ、メディア運営を軸に 企業の課題解決を支援している会社です。

クラウドパワーパートナーズ株式会社

「個」が活躍する時代クラウドソーシングを経営戦略に組み込む。 大手企業から新進ベンチャー企業まで、多くの企業を支援している実績があります。

Crowdhonyaku.Com

翻訳トライアル合格者2,000人がスタンバイするクラウドソーシング型の翻訳サービスです。 語学力ある人材ネットワークを活用して、手軽に翻訳・ライティング・デスクリサーチを ご利用頂けます。

お気軽にお問い合わせください。

banner62d-03
CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。