海外クラウドソーシングサイト紹介 Vol.6『Imagebrief』

LINEで送る
Pocket

imagebrief

第6回は、『Imagebrief』です。

imagebrief

 

ImageBriefは2011年に設立されたオーストラリアの写真のクラウドソーシングサイトで、161カ国にわたる1万1千人以上の写真家がワーカーとして登録している。

写真家のハードドライブに埋もれていた宝物のような写真を探し当てるということを掲げ、写真家と写真を求める人々を仲介する。しかし全ての人々に開かれてはおらず、芸術品のバイヤー、編集者、広告代理店など創造的なビジョンに合うような高品質で独特な写真を求める人々に写真を提供するという理念がある。

写真を求める人々はサイト上の数ある写真の中から欲しいものを選んでも良いし、どのような写真が欲しいのか、直感的、人間的に出来るだけ詳しく言葉で表してリクエストを送ることもできる。するとそのリクエストを見た写真家が写真を提供してくれるようになっている。

報酬額は写真家と交渉して決定したり、リクエストを出すときはあらかじめ決定する。

 

 

スクリーンショット 2014-03-06 11.22.23

 

 

写真を埋もれさせないという理念があるためか、購入された写真がどのように何のために使用されるか、用途を明示させることにこだわりが見られる。リクエストを出す際その用途を記入させたり、買い手各々のアカウントに用途を書くフォームがある。

買い手が欲しい写真を得られるだけでなく、写真家は眠っていた資産をお金に換えることができるのである。

シンプルで見やすい洗練されたサイトであるImagebriefは買い手と写真家をマッチングし、埋もれていた写真を世に出していくだろう。

 

(Written by Crowdsourcing Japan T.Yamane)


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用によるサービス開発、アウトソーシング支援・クラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用した翻訳・海外リサーチなら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

[PR]

  • 最終更新日:2016年12月29日 15時38分
  • 記事関連タグ:
CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。