海外クラウドソーシングサイト紹介 Vol.18 『agentanything』

LINEで送る
Pocket

agentanything_logo_w_name

第18回は、『agentanything』です。     agentanything_logo_w_name   agentanythingは、人手や時間のない多忙な社会人や企業がerrand(雑用)の仕事を時間のある大学生に依頼する2010年に設立されたカナダ発のサービス。

How it works

クライアントはまずミッションを作成する。エージェント(ワーカー)に何をしてもらいたいか詳細を明記する。そして報酬額を設定し、最初に応募してきたエージェントに支払うか応募してきたエージェントのプロフィールを見てから誰を選び支払うか決める。その際エージェントにオファーを出すよう依頼することもできる。こうしてミッションが投稿され、無事実行されると報酬が支払われる。

時間のある大学生向けの独自のミッション

通常のクラウドソーシングサイトのようなロゴ・デザイン、web制作、マイクロタスクのようなジャンルの仕事というよりは、errand(雑用)の時間と労力があれば行える仕事が扱われている。そのため場所性を要する配達のミッションが多い。報酬額は$15~$300にのぼる。 例えば、グランドセントラル付近のミッドタウンイーストの法律事務所に書類を届ける($20)、食べ物を注文し所定の場所に送り届ける($15)、PDFファイルを複数に分けDropboxに保存する($15)、鉄琴の演奏の仕方を教える($80)など。     スクリーンショット 2014-03-24 11.09.14

近所のアルバイト感覚

クラウドソーシングはネット上で場所など関係なく世界中のワーカーにタスクをこなしてもらうというものが多い。しかしagentanythigでは、オンラインでのクラウドソーシングも行われているが、ミッションに地図が載っていて近所の大学生が実際に場所に出向いて実行するものが大半を占めている。現在はニューヨークとニュージャージーに進出しているため、その近辺で仕事が行われていることが殆どである。

大学生にのみ限る

エージェント登録の際に大学で支給されるメールアドレスやIDが必要となるため、エージェントは大学生であることが保証されている。そのため時間のかかる仕事も気軽に依頼出来るようになっている。 オンラインでなく場所性を要求する独自のサービスとして、今後ニューヨークだけでなくアメリカ各地、世界中に拡大していくことが期待される。     (Written by Crowdsourcing Japan T.Yamane)


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用による事業開発、アウトソーシング支援、採用支援のクラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用したクラウド翻訳なら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

関連記事

[PR]

  • 最終更新日:2016年12月29日 15時35分
  • 記事関連タグ:
CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。