視覚障害者とボランティアを繋ぐ素敵なアプリ「MySmartEye」

LINEで送る
Pocket

Techableより)

視覚障害者とボランティアをつなぐすてきなアプリの紹介!

スクリーンショット 2013-11-02 14.56.03

インターネットは、場所も立場も超えて、あらゆる人同士をつなぐ手段として、画期的なテクノロジーである。スマートフォンのような便利なツールの登場で、オンライン上にデータベースを築き、たくさんの人と共有できるクラウドソーシングサービスはさらに進化し、人々のソーシャルなつながりが強化されてきている。

「MySmartEye」はスマートフォンとクラウドソーシングを活用したサービスで、目の不自由な人をサポートするアプリだそうだ。通信会社StarHubが、“Singapore Association of the Visually Handicapped”と連携して開発したもので、視覚障害者はアプリをダウンロードしてサービスを利用できるようになるとのこと。

視覚障害の人が、ある対象について知りたいと思ったときや、自分の目の前にある風景がどのようなものか知りたいとき、まず、写真を撮影してアップする。すると、アップされた画像はすぐに「MySmartEye」のボランティアメンバーに送信されるので、メンバーはその画像を見て、短い説明文を記入することができる。その説明文は元の送り主にバックされ、文字を読み上げるソフトウェアによって、作成された説明書きが音声で朗読され、視覚障害の人に内容が伝えられるという仕組みだそうだ。

「MySmartEye」を通じ、たった数十秒の手間だけで、視覚障害の人の助けとなれるため、より多くの人が気軽にボランティア活動に参加できそうだ。


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用によるサービス開発、アウトソーシング支援・クラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用した翻訳・海外リサーチなら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

[PR]

CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。