クラウド翻訳Conyacのエニドア、サイト翻訳管理ツールの八楽と東京オリンピックに向けて業務提携

LINEで送る
Pocket

conyac

(msn産経ニュース9月10日)

株式会社エニドア、クラウド翻訳と機械翻訳のコラボレーションの実現へ

conyac

worldjumper

クラウド翻訳サービス「Conyac(読み:コニャック、URL: https://conyac.cc )」を提供している株式会社エニドア(東京都千代田区、代表取締役:山田尚貴 以下エニドア)は、9月9日、ウェブサイト翻訳に特化した翻訳管理ツール「WorldJumper(ワールドジャンパー)」を開発する八楽株式会社(本社:東京都渋谷区 代表者:坂西優)と業務提携を結ぶことに合意いたしました。

<背景>

2020年の東京オリンピックの開催が決定し、今後ますます訪日外国人旅行者が増えると予想されます。同時に、多言語での情報発信として主に観光業界での多言語サイト作成のニーズや各種ローカライズニーズも増加しております。しかしながらウェブサイト翻訳には、大きな翻訳コストや機械翻訳の誤訳、テキスト管理の手間などの問題を抱えており、低価格で高品質なウェブサイトが望まれていました。

<内容>

こうした背景から、ウェブサイト翻訳管理ツールを提供する八楽と、低価格でカジュアルな翻訳からビジネス用途にも利用出来る高品質翻訳を提供するエニドアが業務提携することで、両社の強みを活かしより多くの翻訳ニーズに対して低価格な翻訳ソリューションを提供できると考え、提携に合意しました。

この度の提携を機に、両社が提供する各種サービスを複合的に組合せる等、様々な可能性を模索します。まず、提携の第一弾としてワールドジャンパーの翻訳修正機能にConyacの翻訳サービスを搭載し、低価格な修正翻訳がクラウドソースで出来るようになります。

両社はこの提携により、今までコストがかかりすぎて出来なかったウェブサイトのローカライズがより多く行われ、日本の観光業界や各分野の産業の発展の一助を担いたいと考えております。

またConyacは本日全面的なサービスのデザインリニューアルを行い、APIβ版を公開しました。

【会社概要】

■会社名  株式会社エニドア

■代表者  代表取締役 山田 尚貴(やまだ なおき)

■資本金  1億224万4000円(資本準備金含む) ※2013年9月1日現在

■設 立  2009年2月

■所在地  東京都千代田区神田多町2-8-10 神田グレースビル 5F

■事業内容 WEBサイト上でユーザー参加型の多言語翻訳サービスを展開

■URL http://www.any-door.com/

【会社概要】

■会社名  八楽株式会社 ( http://www.worldjumper.com/about )

■代表者  代表取締役 坂西 優(さかにし すぐる)

■設 立  2009年8月

■所在地  東京都渋谷区南平台町4-8 アジアマンション607

■事業内容 多言語コミュニケーションツールの開発・提供

■URL   http://www.worldjumper.com

msn産経ニュース9月10日


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用によるサービス開発、アウトソーシング支援・クラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用した翻訳・海外リサーチなら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

[PR]

CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。