個人にとってのクラウド・ソーシング-BLOGOS Chikirin-

LINEで送る
Pocket

個人事業主・フリーランスの立場で考えるクラウドソーシングについての記事をご紹介します。

ーこの視点で何より重要なのは、「個人は受注者であり、発注者である」ということです。ー
個人にとって大事なことは、「自分が得意な、高付加価値の仕事をクラウド・ソーシングで請負い」、「自分が不得意な仕事は、どんどんクラウド・ソーシングで調達する」ことにより、自分の「働く時間の生産性を高めていくこと」です。もうひとつは、「自分は○○が不得意だから」という理由で、何かを制限しなくてよくなるということ。その不得意な部分の機能が「市場から調達」できるようになるんだから。(個人にとってのクラウド・ソーシング -BLOGOS Chikirin- より)

クラウドソーシングは誰でも利用できるもの。正しい知識を身につけ、利用することで限られた時間や自分の持つスキルを有効に活用できます。自分に合ったクラウドソーシング活用方法を探してみてはいかがでしょう。


地域を超えてインターネットに集う 「群衆知」 を活用した課題解決

クラウドソーシング活用によるサービス開発、アウトソーシング支援・クラウドパワーパートナーズ株式会社
http://crowdpower-partners.com

クラウドソーシングを活用した翻訳・海外リサーチなら CrowdHonyaku.com
https://www.crowdhonyaku.com/

[PR]

CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。