<

クラウドワークス、海外におけるクラウドソーシングの利用動向調査

LINEで送る
Pocket

クラウドワークスは7月23日、海外におけるクラウドソーシングの利用動向調査の結果を発表した。クラウドソーシングとはWebを通じて企業、組織が、自社もしくはアウトソース人材により実施していた業務を、よりオープンかつ不特定多数の人的ネットワークから人材を集め、実施することである。
同調査では、エンジニア / デザイナー / ライターを対象とした同社のクラウドソーシング「クラウドワークス」を利用している海外ユーザーが分析対象となっている。

発表によると、クラウドワークスの登録ユーザー4万4500人(2013年6月30日時点)のうち、海外在住の利用者は1245人。同サービスは外国語に対応していないにも関わらず、2012年6月以降の1年間で海外ユーザーの数は約20倍になっている。また、クラウドワークスの海外ユーザーの居住地域は135ヵ国に広がっており、世界中から利用されていることがわかる。

海外ユーザーが受注する仕事は開発やデザイン、ライティング(翻訳)が多い。開発の仕事では、東南アジアでの受注事例が目立つ。デザインの仕事では、日本在住のデザイナーとは違う海外在住者ならではの視点で提案ができ、ライティングでは外国語を使える点が強みになるなど、それぞれの海外ユーザーが自分の特徴を活かしてさまざまな仕事を受注しているという。(2013年7月23日 マイナビニュース

[PR]

CS Japan

CS Japan

日本国内外のクラウドソーシング情報を調査。業界研究や受発注業務にも役立つ情報を掲載します。